大事な日に限って体調が悪くなるのはなぜ?

人はみな嫌なことに直面すると、身体的に特定の反応をする事で、現実逃避しようとするのです。

まだ自分が子供の頃に、
何か自分の苦手な科目のテストや、
特定の曜日や行事の日になると、
急にお腹が痛くなった
とか、
急に熱が出た、
という経験はないでしょうか。

社会に出てからも、
嫌なお客様と会わなくてはいけない
とか、
重要な会議がある日に限って、
体調が悪くなるのも、
全て原因は同じです。

それは、
防衛機制のひとつである
「逃避」という心の働きによるものです。

逃避とは、
適応ができない状況から逃げ出すことで
不安や恐怖をなくし、
自分自身を守ろうとすることです。

子供の頃のことを思い返してみてください。

急に熱が出た特定の曜日には、
苦手な科目や嫌いな先生の授業がありませんでしたか?

また、
熱が出た日のテストには自信がなかったり、
充分な準備ができていなかったのではないでしょうか。

つまり、
「また先生に怒られる」
「授業中に指されても答えられない」
「テストで悪い点を取ると親に怒られる」
などの
不安や緊張から逃れるため、
体調にまで変化を起こしていたのです。

もしかすると、
重要な会議がある日にかぎって体調が悪くなるというのも、
充分な準備ができていないからでは?

仕事の場合、
会社を辞めないかぎり逃避し続けるのは不可能ですから、
不安を感じないよう、
念入りに下準備をすることが大切です。

すると、
自分でも不思議なくらい
爽快な気分で会議に挑むことができるはずです。

最近は、
せっかく一流企業に就職しても、
ある日突然出社しなくなったり、
わずか数か月で退職してしまうという
若者が多いそうですが、
これも逃避による反応と思われます。

おそらく彼らは、
会社や社内の人間関係に
うまく適応することができなかったのでしょう。

そこまでいかなくても、
自宅に戻ってから求人情報を眺めている
というのも逃避です。

ちなみに、
逃避が極端に進むと白日夢に浸る、
現実とは違う空想の世界に逃げ込む、
さらに
記憶喪失になることもあります。

逆に、
逃げたい状況にどっぶり浸かる
というのも逃避です。

嫌なことは出来るだけ事前に
納得のいくまで準備をして、
精神的な不安を取り除くように
心掛けましょう。

特に社会に出てからは、
嫌なことから逃げていては、
社会人として育つべき
自立心が育ちません。

体調を壊してまで
嫌な会議に出席するくらいなら、
準備万端で
気持ちよく会議へ出席しましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事